自分のニーズに合った洗車道具を選ぶ!

洗車イメージ画像2

洗車道具と一言でいっても、実際には商品が数多く存在します。

それぞれ、自分に合う合わないのメリットデメリットが存在します。

ここでは、洗車の時間短縮に必要な3つの道具、その種類などを比較していきます!

高圧洗浄機

高圧洗浄機は、同じような商品ページばかりで・・・
正直なところ、何が違ってどう選べばいいのかがが分からなすぎる!!

ということで、まずは自分に合ったものを1つずつ絞っていきましょう。

業務用の高圧洗浄機とは?

業務用のメリットは威力が強いこと!
デメリットは音が大きく高価なことです。

ガソリン式とかもありますが・・・とにかく、全てにおいてパワフルですね(笑)

家庭用の高圧洗浄機とは?

そして家庭用のデメリットは、やはり業務用に比べると威力に欠けることろ。

ですが、値段もそこそこ安く、静音タイプもあったりと
自分の使用環境に合ったものを選びやすいですよ!

そして、アイリスの高圧洗浄機が支持されているワケ・・・
それは、静音タイプでなおかつ種類が分かりやすく選びやすいことも理由の1つです。


アイリスの家庭用高圧洗浄機
大きく分けてこの3つ!

  • 家の外壁掃除などにも有利な「威力が強いタイプ」
  • タンク式(蛇口も可)で「使う場所に困らないタイプ」
  • 片づける場所に困らない「小さめサイズのタイプ」

高圧洗浄機を使用する目的・場所などを考えると、どれが自分に合っているかが分かりやすいですよね!

【静音&ハイパワータイプ】高圧洗浄機 FIN-901EP・FIN-901WP 50Hz東日本専用・60Hz西日本専用
「威力が強いタイプ」
タンク式高圧洗浄機 SBT-412P ブラシ2種類+専用収納ボック
「使う場所に困らないタイプ」
【静音&コンパクトタイプ】高圧洗浄機FBN-402P
「小さめサイズのタイプ」

足場台・脚立

ワゴン車の洗車の時間を短縮するために「台」は必要不可欠です!

特に「足場台」があると天井のフロントからリアまでを一気に洗うことができるので、かなりの時間短縮になります。

それでも、やはり値段が倍近く変わってくるので・・・

家計をお考えると「脚立」という選択もアリだと思います!


脚立と足場台
そもそも、何が違う?

アイリスオーヤマの脚立
洗車に時間はがかかるが、コンパクトで安い「脚立」
アルミ足場台
脚立に比べると高価だが、洗車の時間が短縮できる「足場台」

ブロアー

そもそも、「ブロアーってなんぞや!」って方も多いとは思いますが・・・

簡単に言うと、小型の送風機のことです。

※ブロア・ブロアー・ブロワ・ブロワ―・・・色々な呼び方がありますが、ここでは『ブロアー』で(笑)


洗車後の拭き取りがものすごく楽に!

ブロアーを使うと・・・
  • ドアミラーやガラスの隙間などから垂れる水を吹き飛ばすことで時間短縮できる
  • ボディに付いている水分を吹き飛ばすことで、何度も繰り返し拭き取る手間が省ける
  • ホイールやタイヤに付いた水は完全に飛ばせるので、わざわざタオルを用意せずに済む

使い方は簡単!ブロアーをしながら拭き取りをするだけです。

洗車屋も御用達の時短アイテムですね。

RYOBIのブロア
「吹き出し&粉砕式吸い込み型」
 店頭価格:5,000円程度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mailボタン

このページの先頭へ