イメージ画像

車をキレイにしたい!
実は洗車するたびにキズが・・・

洗車をすればするほどキズや水垢だらけに??

洗車しても・・・ ↓
ウォータースポット イメージ

愛知名古屋のコーティングハウスto Heartです。 全ての車をキレイに!それが運転時の心の余裕につながると信じて、当サイトを運営しています。

さて洗車をして車がピカピカに! 気持ちいいですよね。
でも、そのうち車のボディーに太陽の光を反射させると・・・ その周りに円状のキズがビッシリ!! これ、ほとんどが洗車キズなのです。

また、洗車のある工程をほんの少しさぼってしまうだけで、ほぼ確実に水垢やシミだらけになってしまいます。 そのまま放っておくと・・・
ほぼ確実に、いくら洗車しても取れなくなってしまうのです。 さらに放っておくと、クレーターと言って、塗装面がそのシミ状に侵食され窪んでしまいます。
こんな状態にならないための正しい洗車の方法、基本編をご紹介します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新情報

2015年5月24日
  • お知らせ
コーティングハウスto Heart、フェイスブック始めました!
その日の作業やスタッフの様子、ちょっとした裏技などもあるかも?
たくさんの、いいね!お待ちしております!
2015年5月24日
  • 更新
トップページ、写真を追加しました。
2014年10月17日
  • 更新
  • お得情報
  • 新商品
おススメの高圧洗浄機 解説ページ作りました。
2014年1月25日
  • お知らせ
『男の洗車塾!』公開いたしました。
2014年1月8日
  • お知らせ
『洗車プロNews!』公開いたしました。

水垢やシミ、キズから守る洗車の方法 基本的なコツ編

車に水をかけます

高圧洗浄機

洗車のスタートは、ボディーに水をかけることから始まりますよね。 まず、ここに大切なコツがあります。
実は、車に水を『かける』のではなく、砂などの固形物を『除去』するのです。

カーシャンプーを用意します

カーシャンプー

カーシャンプーは特に量販店の安いものでも構いません。 しっかりと泡だてて使いましょう。 また、ワックス入りや撥水剤入り、コンパウンド入りの水垢落としなど、様々なものがあります。 通常は、できれば中性の何も入っていないものの方が良いと思います。

洗車しましょう

洗車

実際に洗車するには、とにかくやさしくすることです。 ゴシゴシこすってしまうと、ほぼ必ず洗車キズが付着します。 ボディーをなでてあげるくらいでOKですよ。

ボディー上の水分を拭き取ります

拭き取る

これも重要な洗車のコツとなります。 さっと拭いてOKなんてしていると、必ずウォータースポットができます。

スポンジなどを洗っておくのも洗車のコツです

洗車道具

洗車の後に、使用したクロスやスポンジをキレイに洗っておくことも大切です。 次回の洗車のときのために、やっておきましょう。

このページの先頭へ