コーティングハウスtoHeartバナー

洗車でキズだらけ?

↓ 洗車<しても・・・ ↓
洗車キズ イメージ

丸い洗車キズやシミはできるだけ少なくしたい!! でも、手間はかけたくないですよね。

最近の洗車機のブラシは非常に柔らかい!
でも洗車機は最初にほんの少ししか水が出ない。 するとボディーに砂が乗ったまま、ジャリっと。 だから、洗車機はNGですよ!ラクだけど(笑)

ってことで、手洗い洗車のコツを解説していきますね。

洗車の基本的なコツ

ボディー上の砂を流します

高圧洗浄機

洗車のスタートは、ボディーに水をかけることから始まりますよね。
まず、ここに大切なコツがあります。
実は、車に水を『かける』のではなく、砂などの固形物を水で流して『除去』するのです。

カーシャンプーを用意

カーシャンプー

カーシャンプーは特に量販店の安いものでも構いません。
バケツにシャンプーを入れてからシャワーで水を入れると、しっかりと泡立ちますよ!。
また、ワックス入りや撥水剤入り、コンパウンド入りの水垢落としなど、様々なものがあります。 通常は、できれば中性の何も入っていないものの方が良いと思います。

手のひらで洗いましょう

洗車

実際に洗車するには、とにかくやさしくすることです。
指先に力が入ってしまうと、ほぼ必ず洗車キズが付着します。
手のひらで軽くスポンジに圧をかけ、ボディーをなでてあげるくらいでOKですよ。

ボディー上の水分は

拭き取る

水は走って落とすなんて言ってると、落ちるよりも早く蒸発します。
すると、水分中のカルキやミネラルが残ります。
これがイオンデポジット(シミ)ですね。
これも重要な洗車のコツとなります。
ボディー上の水はしっかりと拭き取りましょう。

洗った後は・・・

洗車道具

洗車の後に、使用したクロスやスポンジをキレイに洗っておくことも大切です。
洗剤もですが、砂粒をしっかりとすすぎ落す必要があります。
次回の洗車のときのために、やっておきましょう。

最新情報

リニューアルのお知らせ

水玉
お知らせ

当サイト、リニューアルしました。
モバイルでも見やすく、また画像も大幅に増やしました!

フェイスブックやってます

水玉
お知らせ

コーティングハウスtoHeart フェイスブックやってます! 完成車の動画や、施工後の感想など盛り沢山! たまには、裏話なども??
『いいね!』してください(笑)

ページの先頭へ