車ボディーの汚れと洗車

洗車イメージ

まず、車のボディーに付着する汚れを種類別にまとめてみました。

固形物で固着しないもの、油系、固形物で固着するもの、化学変化により付着したもの
車のボディー上の汚れはこれら以外にはありません。 それぞれ、どのようなものか、除去するにはどうすれば良いのか見てみましょう。

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

車ボディー上の汚れの除去方法

洗車イメージ

車の汚れ除去には、それぞれに合う方法が大切。
例えば、砂を鉄粉除去粘土でゴシゴシすると、当然ひどいキズが付着します。

また、除去方法によっては、厳重な注意が必要なものも。 例えば、溶かして除去するタイプのものは、絶対に放置してはいけません。
しっかりと中和、水で流します。
この辺りに注意して、それぞれの汚れについて解説しましょう。

固形物で固着しないもの

洗車イメージ

例えば、砂です。 これは、単純に水でしっかりと流せばOKです。 高圧洗浄機を使用すれば確実ですね。
でも、しっかり流さないと、とんでもないことになりますので注意してください。

高圧洗浄機を使用するときの注意点は、カーシャンプー準備、水のかけ方のページをご覧ください。

油系の汚れ

樹液汚れイメージ

油系は水だけでは落ちませんので、カーシャンプーを使用します。 カーシャンプーを使って、しっかりと洗えば、特に気にする必要はありません。

でも、ずっと放っておいたり、水洗いだけの場合には、紫外線により変質し塗装を侵食するようになります。
それが、ウォータースポットです。

固形物で固着するもの

ピッチタールイメージ

代表的なものがピッチ・タールです。 タイヤの後ろ下に良く付きます。

これは、なかなか取れませんので、ピッチクリーナーを使用した方がいいですね。
また、鉄粉は刺さっていると勘違いしている方もいますが、実は付着しているのです。
付着後、錆びる過程で塗装面に固着します。 これは、鉄粉除去剤または粘土で除去します。

化学変化により付着したもの

イオンデポジットイメージ

イオンデポジットが代表的です。
水中にイオン状で溶解していたカルシウム・マグネシウム等が化学反応で硬く層状になって付着したものです。

シリカスケールとも言いますね。
これらは、放っておくと除去不可能になりますので、通常磨きで除去します。


ページの先頭へ