カーシャンプー準備、水のかけ方

洗車イメージ

カーシャンプーを準備して水を車にかけるとは、つまり洗車ができる状態にすること。
カーシャンプーは簡単なのですが、ボディーに水をかけるのは、正しい方法が必要です。
間違っていると、どれだけ洗車しても、車はキズキズになってしまいます。

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

カーシャンプーの準備

カーシャンプー

カーシャンプーは、結構濃い目でも大丈夫。 しっかり泡立てます。
ワックスやポリマー、一部のガラス系コーティングは洗車で落ちます。 なので、かなり薄目にします。

ただこれら劣化が速いものは除去しないと塗装を侵食します。
結局、洗車数回に1回、濃い目のカーシャンプーでの劣化部分の除去をおススメします。

本物のガラスコーティングは、カーシャンプーでコーティングは落ちません。
しっかり汚れをおとしましょう!
詳しくはボディーコーティング解説サイトにて

洗車開始!水をかけよう

洗車の順番イメージ

水はかけるのではなくボディー上の砂やほこりなどを除去するため
洗いながらジャリジャリと洗車キズを付けたくないですよね(汗)
だからベストは高圧洗浄機。 徹底的にボディー上の砂を吹き飛ばしましょう。 ※高圧洗浄機ページを作りました。

また、水をかけるのも上から下。 天井から始まって、ボンネット、トランク、ウィンドウ、そして横面ですね。

高圧洗浄機の注意点

高圧洗浄機イメージ

高圧洗浄機は非常に強いです。 だから、万が一塗装に微細なヒビが入っていた場合(見えないことも多いです!)に、 ペロッとその部分がはがれてしまうこともあります。

また、ヘッドライトやテールランプ内に水が入ることもあります。
高圧洗浄機のノズル(水が出るところ)からボディーまでは、1m~1m50cm程度離すようにしてください


ページの先頭へ