洗車後の拭き取り

洗車イメージ

さて、洗車のタイミングも考え、洗車の準備もして、洗車 が終わったら拭き取ります。

もしかして、走って水分を飛ばそうなんて考えていませんよね! そんなことをすると、後々後悔することになりますよ。

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

水道水の成分

カーシャンプー

水道水の基準、つまり物質がどれくらいまで含まれてもいい・・・ 健康にとってほとんど無視できるレベルということです。
こちらをクリックして見てください。

厚生労働省 水道水質基準について

中でも、亜鉛、鉄、アルミニウム、銅、マグネシウム、ナトリウム、マンガン、カルシウム、さらには残留塩素。 びっくりしませんか!

洗車後の拭き取りをせずに放っておくと

洗車の順番イメージ

洗車の後の拭き取りをせずに放っておくと、水分は蒸発しミネラル・金属はボディーに残留します。
それが、初期のウォータースポット(イオンデポジット)となります。

また、水道水の中の金属が塗装上に残ったままだと・・・ さびます。
そして徐々に塗装に影響を与え始めます。 気付いたら、車全体がなんだかくもってボケている感じとなるのです。

洗車後の拭き取りの方法

クロス

洗車後のボディーの水を簡単に素早く跡も残さず拭き上げる方法。
具体的な洗車の方法で準備した、スポンジクロスと柔らかいセーム革を使います。
スポンジクロスは水をたくさん吸いますが、拭き跡が残ります。
セーム革はそんなに多くの水は吸いませんが、少量の水なら完璧に拭けます。
だから、まずはスポンジクロスでザーッと。 拭き跡は気にしません。

クロス

その後、乾いたままのセーム革で拭いていきます。

クロス

この方法だと、セーム革は1回も絞らずに拭き上げることができます。
乾いても柔らかい少し毛のあるセーム革だから乾いたままで使用できるんですね。

ちなみにネットでもスポンジクロス売ってます。
また当店で使用しているセーム革は、2倍吸収セームです。

ページの先頭へ