キズの付かない洗車の方法

洗車イメージ

さて、洗車の準備がちゃんと終わったら、いよいよ洗車です。 また、洗車のタイミングもちゃんと考えてありますよね。

では、キズのつかない洗車の方法です。

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

洗車の順番

カーシャンプー

洗った泡や汚れは、下の方に流れていきます。 だから、下から洗っていると、せっかく洗ったのに上からまた汚れが落ちてくるのです。

洗車は上から行います。 まずは天井、そしてボンネット、トランク。 あとは、横面です。

キズのつかない洗車の方法

洗車の順番イメージ

柔らかいスポンジにカーシャンプーをたっぷりと染み込ませます。 そして、こするのではなく、やさしくボディーをなでる感じで洗いましょう。
こするときは、圧をかけずにこすります。
つまり、『洗う』という作業は、『汚れにカーシャンプーをなじませる』作業なのです。


指圧

でも、どうしても強く擦りたくなる時がありますよね! 「この汚れ、もうちょっとで取れそうなのに・・・」なんてときです。
その場合には、指の腹でスポンジに圧をかけましょう。

指の先では絶対にダメです。
これで除去できない汚れは、この段階ではあきらめます。

洗車での最重要ポイント

ウォータースポットイメージ

洗車では『絶対に乾かさないこと』
乾いてしまうと、下記のような悪循環に。
クロスにもカーシャンプーが付着し、次も同じ状況に。
洗車は『手早く!』です。

乾いた場合、ボディーにたっぷりと水が残っている状態で、すすいだスポンジで洗車です。
水で流しただけでは残留シャンプーは残りますので注意です!

  1. カーシャンプーが付いたまま乾く

  2. 紫外線により化学変化、塗装を侵食しツヤがなくなっていく

  3. 塗装面が荒れているので雨で汚れがボディー上に留まり、簡単にウォータースポットができてしまう

  4. 洗車のたびに洗剤成分がボディー上に留まるようになる

▶洗車用品は「Amazon 」 で豊富に扱っていますね。気になる方は一度のぞいてみるのも良いかもしれません。


ページの先頭へ